忍者ブログ
大宮ソフトのゲーム『カルドセプト』は2007年10月に発売10周年を迎えました。そのことを祝し、カルドへの「愛と感謝」を表明するためにセプター向け投稿作品発表の場を立ち上げました。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 【投稿者】 サカイカヲル(当ブログ管理人)

 【題名】 「ある覇者の願い」

 
 



 ようやく、君に逢えた。

 ここに至るまでにどれだけの時を必要としただろう、
今のわたしの感覚をもってしても、もう確かに数えることは
できない。

 けれども、わたしは君に逢うことができた。

 生まれ、育ち、当たり前の日々を過ごしてゆく君を、
この世界に偏在するわたしが見ている。

 見続けている。


 わたしは、同じ“はじまり”を願った。
 君が再び生まれ出るまで、全てが違(たが)わぬ世界で
あるように――そう、望んだ。

 長い長い刻(とき)を待った、ひたすら待ち続けた。
「存在」を脱しなければ耐え得ない、悠久を、久遠をただに待った。

 待っていた。そうして、ついに君が現われた。

 かつてわたしが知っていた、同じ君が。


 わたしが初めて知る幼い君は、周囲の人々から温かく愛され、
日々すこやかに成長してゆく。
 めぐりめぐる陽と月、その光が交互に君を照らす。


 赤子から幼児に、幼児から少女に、さらに思春期の少女へと。
背丈伸び髪やわらかにもうるわしく、君はいつしか初めて
わたしが出会った頃の君へと変貌している。


 だが、
 この世界で君と出会うのはわたしではない。
 君の傍には今、別の男が立ってやさしくその肩を抱いている。
 全てが同じ世界のたった一つの例外、
 わたしだけが、元から“ここ”には居ない。

 ――多くの罪を犯した果てに“覇者”となったわたしは、
再び人として君と逢うべきではない――

 君の魂とカルドセプトの盟約とを汚さぬために、自ら決めた。
わたしは見守るだけでいい、それ以上は望まぬ、と。


 ああ、わたしではない者と出会い、愛し合う君は、
それゆえにこそかつてとは“別の”運命を歩んでゆく。
 理不尽な死に追いやられることなく、子を産み、育て、
ささやかな、だからこそ得がたい幸せの中で少しずつ歳を
重ね、次第に老いてゆく。

 わたしは見る、大勢の孫に囲まれて笑う、皺を刻んだ
媼(おうな)の顔を。
 共に老いて、さらに仲睦まじい君とその伴侶の、ひたと
握り合わされた手と手を。

 やがて君は惜しまれつつ息をひきとり、丁重に送られ、
葬られてその身は土に還る。
 わたしは静かに事実を受け入れ、そしてようやく真の「神」となる。
 「神」であることの意味を知る。


 わたしの息は風と吹き、情が動けば水に波寄る。
燃ゆる思いの火を抱いて、身体たる地に万物を生ぜしめる。


 愛している、君を。
 愛している、君を生み育んだ世界を、
 その全てを。

 君がこの世界からいなくなってもずっと、
 ずっと、永遠に揺らぐことなく。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
投稿募集中です!
最新コメント
[04/10 カヲル]
[01/11 カヲル]
[01/10 社怪人]
[12/31 カヲル]
[12/25 カヲル]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サカイ カヲル
性別:
女性
自己紹介:
カルドセプトはサターン版から
の古参セプター。
シリーズ普及に向け二次創作
SSも自サイトにて掲載中。
バーコード
ブログ内検索
Copyright © カルドセプト二次創作投稿ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]